全日本鍼灸学会雑誌
Online ISSN : 1882-661X
Print ISSN : 0285-9955
鍼灸による帯状疱疹の臨床的研究 (第I報)
金子 佳平
著者情報
キーワード: 鍼灸, 帯状疱疹
ジャーナル フリー

1986 年 36 巻 2 号 p. 135-136

詳細
抄録

帯状疱疹は, 始め激痛で, 次第に慢性化し, 発疹と痛みが残るし又長いというのが実情のようであります。そして神経ブロックが行われるようであります。私の経験から見ると, 急性を治し損なうから, 慢性になるものと考えます。急性症には多少の相違はあっても, 初期から治療したものに慢性になったものはありません。大腸経の鍼灸治療程優れたものはないと思います。慢性化したものは多少時日を要します。要するに, 発病初期に治すことが必要条件と考えます。

著者関連情報
© 公益社団法人 全日本鍼灸学会
前の記事 次の記事
feedback
Top