日本臨床麻酔学会誌
Online ISSN : 1349-9149
Print ISSN : 0285-4945
講座
進化するメタアナリシス─multiple treatment comparison─
志賀 俊哉
著者情報
ジャーナル フリー

2016 年 36 巻 1 号 p. 72-78

詳細
抄録

メタアナリシスは,臨床上の疑問に答える有力な手段としてすでに確立された研究手法であるが,従来の手法では2種類の治療法を直接比較することしかできず,その多くは介入群vs.対照群であった.3種類以上の治療法の結果を統合する方法は,multiple treatment comparisonあるいはネットワーク・メタアナリシスなどと呼ばれ,ベイズ・モデルを用いることで可能となる.この方法は,過去に直接比較試験を実施していない治療法の比較(間接比較indirect comparison)や,どの治療法が最も優れているか(治療法の順位付けrank of probabilities)を可能にする点において,特に強みがある.

著者関連情報
© 2016 日本臨床麻酔学会
前の記事 次の記事
feedback
Top