日本臨床細胞学会雑誌
Online ISSN : 1882-7233
Print ISSN : 0387-1193
ISSN-L : 0387-1193
原著
簡易ギムザ染色を併用した乳腺穿刺吸引細胞診
—検体不適正率改善のための取り組みについて—
北山 美佳今井 裕柴原 亜希子金山 和樹米田 操小川 朋子白石 泰三
著者情報
ジャーナル 認証あり

2016 年 55 巻 6 号 p. 365-369

詳細
抄録

目的 : 当院では乳腺穿刺吸引細胞診 (fine needle aspiration cytology : FNAC) に全例簡易ギムザ染色を併用したベッドサイド細胞診を行っている. 当院における乳腺 FNAC の精度管理を行い, 検体不適正率の改善における有用性について検討を行った.

方法 : 三重大学医学部附属病院乳腺センターにおいて 2006 年 1 月から 2010 年 12 月の 5 年間に施行された 3034 件の乳腺 FNAC を対象とした. 乳腺 FNAC は乳腺外科医が全例超音波ガイド下で穿刺を行った. ベッドサイドで簡易ギムザ染色による採取物の確認を行い, 採取量および仮診断を術者にフィードバックした. パパニコロウ染色標本とともに最終診断を行った.

成績 : 当該期間における検体不適正率は 7.8%であったが, 年度別には 3.9%から 16.4%まで変動し, 穿刺施行者の熟練度による影響があった.

結論 : 簡易ギムザを併用したベッドサイド細胞診は, 細胞採取量や仮診断をその場で術者にフィードバックすることができるため, 十分な採取細胞量の確保と術者の穿刺技術の向上に有用と考えられた.

著者関連情報
© 2016 公益社団法人 日本臨床細胞学会
次の記事
feedback
Top