日本臨床細胞学会雑誌
Online ISSN : 1882-7233
Print ISSN : 0387-1193
ISSN-L : 0387-1193
Malignant pulmonary adenomatosisともいわれる特殊な分化型腺癌の1例
平井 利和東 正明三瓶 善康斉藤 龍生新 和夫佐藤 豊彦山田 喬
著者情報
ジャーナル フリー

1982 年 21 巻 4 号 p. 743-748

詳細
抄録

症例は76歳女性. 症状は特になく, 右中肺野に異常陰影を指摘され受診. 経気管支的生検 (TBLB) 後の喀疾細胞診でClass IVと判定され, 右下葉切除を行った. 剥離異型細胞は細胞間結合が強固で, 特異な分化型を示す腺癌細胞集塊を形成していた. 組織学的には, 核および細胞異型のほとんどみられない高円柱状の腺癌細胞が, 肺胞壁に接して島状に増殖していた. 間質の反応は乏しい. このような分化型腺癌は文献上まれであるので症例報告した.

著者関連情報
© 特定非営利活動法人 日本臨床細胞学会
前の記事 次の記事
feedback
Top