水文・水資源学会誌
Online ISSN : 1349-2853
Print ISSN : 0915-1389
記録・報告
水文・水資源学会有志による学会意識アンケートの結果を通した若手・中堅世代の学会に対する認識について
田中 智大渡部 哲史丸谷 靖幸小槻 峻司萬 和明
著者情報
ジャーナル フリー

2017 年 30 巻 4 号 p. 245-259

詳細
抄録

 水文・水資源学会の今後のさらなる発展を目指し,水文・水資源学会若手および発想のたまご,若手のページ前編集者有志で2017年1月に実施した本学会に対するアンケート調査に基づき,本学会の現状に対する認識について考察した.本アンケートは,筆者らの属性である工学分野および学位取得後5年未満の世代を中心に,農学,理学,環境学や学位取得後10年以上の方々も含めた計34人による回答結果を集計したものである.アンケートでは水文・水資源学会の学会誌および総会・研究発表会,また学際性に関する認識,および国内学会自体に対する認識を選択式の質問で調査した.調査の結果,学会員が本学会の理念に掲げる学際性を重要であると感じている一方で,現状には改善の余地が大きいと認識していることがわかった.また,アンケートの中に自由記述欄を設けることで,筆者らの考える項目に限らず様々な考えを聞くことができた.本アンケートで得られた本学会現状に対する学会員の考えや提案が,今後の本学会のさらなる発展,活性化の議論に寄与することを期待する.

著者関連情報
© 2017 Japan Society of Hydrology and Water Resources
前の記事 次の記事
feedback
Top