日本ペインクリニック学会誌
Online ISSN : 1884-1791
Print ISSN : 1340-4903
ISSN-L : 1340-4903
腰下肢痛3例に実施した足漕ぎ車椅子運動の効果
江原 弘之中村 祐太林 摩耶上島 賢哉豊川 秀樹安部 洋一郎
著者情報
ジャーナル フリー 早期公開

論文ID: 14-0003

詳細
抄録

歩行能力や日常生活動作(activities of daily living:ADL)が低下した腰下肢痛患者3例に対して,足漕ぎ車椅子Profhandを使用したペダリング運動でのリハビリテーションを実施し,その効果を検討した.腰下肢痛の原因疾患は,腰椎椎間板ヘルニア,あるいは腰部脊柱管狭窄症であった.ペダリング運動は,下肢への荷重負荷による痛みを起こさずに長時間運動を行うことができ,廃用症候群を改善することが可能であった.また,痛みの恐怖による回避行動が習慣となった患者の認識を変えることにも効果的であった.全例ともに,歩行能力やADLの改善が認められた.足漕ぎ車椅子は腰下肢痛患者の歩行練習導入前のプログラムとして有用である可能性がある.

著者関連情報
© 2015 一般社団法人 日本ペインクリニック学会
feedback
Top