精密工学会誌
Online ISSN : 1882-675X
Print ISSN : 0912-0289
ISSN-L : 0912-0289
新しい超仕上法によるフェライトの加工(第3報)
砥粒をニッケルコーティングした砥石による加工
元谷 和雄
著者情報
ジャーナル フリー

1987 年 53 巻 6 号 p. 928-933

詳細
抄録

砥粒をニッケルコーティングした砥石を試作し,それとコーティングしない砥石を用い砥石に電着を行いながら加工する加工法でその加工特性を比較検討して次のようなことがわかった.
(1) 砥粒をコーティングした砥石では電着性がよくなり,そのため加工表面粗さを小さくする.最適な実験条件で表面粗さは0.015μm位になった.
(2) 本加工法において砥石に電着した銅は加工の進行とともにフェライトの表面粗さがある程度小さくなると摩擦的作用として働き,それが加工液の化学的作用と複合され表面粗さを小さくする.この摩擦的作用が加工液のある適当な硫酸濃度のとき加工量特性に相乗的作用が現れ表面粗さを最も小さくする.

著者関連情報
© 社団法人 精密工学会
前の記事 次の記事
feedback
Top