静脈経腸栄養
Online ISSN : 1881-3623
Print ISSN : 1344-4980
特集:必要エネルギー量の算出法と投与の実際
総論 エネルギー消費量とその測定方法
田中 茂穂
著者情報
ジャーナル フリー

2009 年 24 巻 5 号 p. 1013-1019

詳細
抄録

総エネルギー消費量は、基礎代謝量と食事誘発性体熱産生、身体活動によるエネルギー消費量に分けられる。基礎代謝量は、標準的な日本人において約6割を占めるが、体格・身体組成からある程度推定できる。ただし、ハリス・ベネディクトの式では、若い年代をはじめ、成人全体において、過大評価する傾向がみられる。一方、身体活動、特に運動以外の身体活動によるエネルギー消費量 (NEAT) には、同じ体格でも大きな個人差がみられる。総エネルギー消費量を推定するための方法としては二重標識水 (DLW) 法がベストの方法とされているが、現実的には、それぞれの方法の特徴をふまえた上で、加速度計法あるいは生活活動記録などを用いることとなる。

著者関連情報
© 2009 日本静脈経腸栄養学会
次の記事
feedback
Top