静脈経腸栄養
Online ISSN : 1881-3623
Print ISSN : 1344-4980
特集
超高齢者の心臓血管外科手術後の早期回復を目指す上での課題
森本 喜久杉本 貴樹荒瀬 裕己高田 ちほ入江 静夏櫻井 麻由堀田 亮子武本 昌子
著者情報
ジャーナル フリー

29 巻 (2014) 6 号 p. 1347-1349

詳細
PDFをダウンロード (333K) 発行機関連絡先
抄録

高齢者心臓血管外科手術の良好な成績が多く報告されており、高齢を理由に手術不適応とすべきでないとされている。当院での超高齢者手術は45例(8.6%)と著しい高齢化を迎えつつある。周術期管理の進歩と当院独自の術前アルギニン製剤投与や、術後早期Beach Chair Positionにより、手術成績は向上しているが、超高齢者手術成績、早期回復は若年者と比較すると、必ずしも良好とは言えない。年齢は手術成績を左右する重要な因子の一つであり、治療方針について年齢も十分考慮に入れるべきである。

著者関連情報
© 2014 日本静脈経腸栄養学会
前の記事 次の記事

閲覧履歴
feedback
Top