静脈経腸栄養
Online ISSN : 1881-3623
Print ISSN : 1344-4980
特集
高齢患者の術後早期回復のための看護師のかかわり
―多職種連携による在宅支援のために―
篠 聡子
著者情報
ジャーナル フリー

2014 年 29 巻 6 号 p. 1351-1355

詳細
抄録

高齢患者が術後早期に回復するために、看護師は状況に応じて、個別な対応が必要である。術後経口食の再開に合わせて、栄養状態の悪化や摂食嚥下、心理的ストレスのリスクについてアセスメントし、問題がある場合、速やかに地域連携による退院後の在宅支援を計画する。
高齢患者が自立した社会生活を再獲得し、患者自身が望む環境でその人らしさを尊重しつつ最期を迎えるために、看護師は患者に関心を持ち自発的な変容の出現を根気強く待ち、患者・家族の歴史を踏まえ、適切な介入を行うことが重要である。

著者関連情報
© 2014 日本静脈経腸栄養学会
前の記事 次の記事
feedback
Top