静脈経腸栄養
Online ISSN : 1881-3623
Print ISSN : 1344-4980
原著
低栄養患者の栄養評価における多周波インピーダンス法の課題
藤井 利衣濵田 康弘堀川 真由美矢野 美由紀菊間 知恵小林 曜子北秋 翔子脇田 久美子戸田 明代宇佐美 眞
著者情報
ジャーナル フリー

29 巻 (2014) 6 号 p. 1357-1362

詳細
PDFをダウンロード (1171K) 発行機関連絡先
抄録

 低栄養は体組織量減少、免疫能の障害、創傷治癒遅延、さらには臓器障害を引き起こし、著しい場合は死亡率も高めるため適切な栄養管理が必要である。そこで、現在、NEST(Nutrition & Electrolyte Support Team)では、多周波数BIA(Bioelectrical Impedance Analysis)法による身体組成測定装置を用いての栄養評価を試みている。多周波数BIA法を用いた体成分分析は簡便で栄養評価に有用であると思われるが、NST回診の対象となるような患者群においては約11%の患者で測定がうまく行えなかった。そのため、どのような患者で体成分分析が不可となるのかについて検討した。身体組成測定装置による測定が不可能な群では、測定可能群に比べてBMI、WBC、BUNの高値及びAlbの低値が見られた。このことから、測定不能群は、浮腫が強く血管内脱水傾向の患者像が浮かび上がった。これらの患者群では、より正確な栄養評価が可能となることが望ましい。これらの患者の栄養評価をどのようにしていくかは今後の課題である。

著者関連情報
© 2014 日本静脈経腸栄養学会
前の記事 次の記事

閲覧履歴
feedback
Top