地すべり
Online ISSN : 1884-3956
Print ISSN : 0285-2926
ISSN-L : 0285-2926
集水ボーリング工の効果に関する定量的評価手法の提案
鵜飼 恵三蔡 飛若井 明彦阪上 最一
著者情報
ジャーナル フリー

1998 年 35 巻 3 号 p. 1-7_1

詳細
抄録

3次元飽和―不飽和浸透流解析法とせん断強度低減FEMを用いて, 集水横ボーリング工の効果を定量的に評価した。ボーリング工の設置間隔, 長さ, 方向などが斜面の安全率上昇に及ぼす影響が明らかにされた。

著者関連情報
© 社団法人日本地すべり学会
次の記事
feedback
Top