地すべり
Online ISSN : 1884-3956
Print ISSN : 0285-2926
“七面山大崩れ”
崩壊の履歴とその拡大に関する研究
永井 修中村 浩之
著者情報
ジャーナル フリー

2000 年 37 巻 2 号 p. 20-29_1

詳細
抄録

山梨県南西部に位置する “七面山大崩れ” は安政の東海地震 (1854) で大崩壊したという説が一般的であったが, 今回七面山と関連の深い日蓮宗久遠寺の古文書や文献を精査の結果, “七面山大崩れ” は1600年代には既に崩壊してきたことが明らかとなった。また “七面山大崩れ” は過去に発生した幾度かの地震や毎年の削剥を経て現在の地形に至ったものであり, 一度の地震をひきがねとした大規模崩壊ではない。特に毎年の削剥量は冬季における凍結融解によるものが大半であり, 七面山における特異な地形, 地質と南向き斜面の微気候が崩壊の拡大に影響している。

著者関連情報
© 社団法人日本地すべり学会
前の記事 次の記事
feedback
Top