日本経営診断学会論集
Online ISSN : 1882-4544
伝統的商品に対する消費者の視点とマーケティング―椿油の口コミを事例に,消費者の視点を探索的に求める―
上原 義子
著者情報
ジャーナル フリー

2011 年 11 巻 p. 164-169

詳細
抄録

近年の多くの研究では,付加価値戦略としてブランド付与や経験価値,物語性の付与を行う重要性が説かれている。だが,例えば,伝統的商品である椿油にはこうした戦略が見られない。本稿では,こうした商品に対する消費者の視点に接近することで,新たなマーケティングの方向性を探索している。具体的には,近年になって改めて注目されている伝統的商品に着目し,それに関する消費者の着眼点への接近を試みた。調査では,インターネット口コミサイトに集められている椿油の感想に対してテキストマイニングを実施した。

著者関連情報
© 2011 日本経営診断学会
前の記事 次の記事
feedback
Top