MACRO REVIEW
Online ISSN : 1884-2496
Print ISSN : 0915-0560
ISSN-L : 0915-0560
研究ノート
将来の環太平洋自然エネルギー経済圏の可能な形態について
木下 幹夫
著者情報
ジャーナル フリー

2011 年 24 巻 1 号 p. 33-36

詳細
抄録

海面の常圧から深海の高圧までの範囲を雰囲気圧力として提供する海を立体的に利用する一連の技術が開発されれば、資源循環型で環境負荷を低減する自然エネルギー利用に発展する可能性がある。環太平洋自然エネルギー経済圏の可能性を検討した。

著者関連情報
© 2011 日本マクロエンジニアリング学会
前の記事
feedback
Top