MACRO REVIEW
Online ISSN : 1884-2496
Print ISSN : 0915-0560
ISSN-L : 0915-0560
研究ノート
地球環境情報統融合プログラム(DIAS-P)
2016年実運用開始を想定した運用体制の設計
角田 晋也西村 一
著者情報
ジャーナル フリー

2013 年 25 巻 2 号 p. 19-23

詳細
抄録

「地球環境情報統融合プログラム」(DIAS-P)は,様々な分野のステークホルダーが,超大容量で多様なデータ・情報を協働して統融合し,新たな価値を創出できる情報基盤及びそれを用いた実利用体制のプロトタイプを構築するとともに,地球規模課題解決に向けて,科学的先端性を持続的に発揮し,実利用によって公共的利益を実現できる運用体制(実運用DIAS)を設計・提案することを目的としている.実運用DIASが果たすべき役割を包含する暫定的なレファレンスモデルを設定したので本稿にて紹介する.

著者関連情報
前の記事 次の記事
feedback
Top