MACRO REVIEW
Online ISSN : 1884-2496
Print ISSN : 0915-0560
ISSN-L : 0915-0560
地球環境に及ぼす太陽定数,アルベド,赤外吸収の効果の試算
コンピュータソフトの試作と応用
木曽 文彦角田 晋也綿抜 邦彦
著者情報
ジャーナル フリー

1991 年 4 巻 1 号 p. 51-53

詳細
抄録

太陽定数,アルベド,赤外吸収の変化が地球の平均平衡温度にどのような変化をもたらすかをコンピュータソフトを試作し計算した。太陽定数1.96cal cm-2min-1,アルベド33%,赤外吸収率50%を基準とし,太陽定数,アルベド,赤外吸収率をそれぞれ独立に変化させた。太陽定数を1.88から2.04まで変化させたところ,-2.98℃から+2.98℃の変化が認められた。アルベドを30.0から36.0に変えたところ+3.17℃から-3.28℃の変化を得た。赤外吸収率を47%から53%まで変化させたところ,-4.16℃から+4.49℃の変化が認められた。これらの結果から,これらのパラメーターの変動による効果はかなり大きいことが明らかとなった。なおこのコンピュータソフトは3種のパラメーターを自由に変え,平衡温度が計算できるようになっている。

著者関連情報
© 日本マクロエンジニアリング学会
前の記事
feedback
Top