Journal of Neuroendovascular Therapy
Online ISSN : 2186-2494
Print ISSN : 1882-4072
ISSN-L : 1882-4072
原著
コイル挿入力測定センサーによるコイル挿入力発生パターンに関する研究:コイル挿入方法,挿入速度の違いによって決まるコイルと動脈瘤壁との摩擦状態の検討から
松原 功明宮地 茂永野 佳孝大島 共貴細島 理泉 孝嗣鶴見 有史錦古里 武志若林 俊彦佐野 明人藤本 英雄
著者情報
ジャーナル オープンアクセス

2010 年 4 巻 2 号 p. 84-90

詳細
抄録

【目的】脳動脈瘤モデルにおいてコイル挿入力の測定を行い,コイルやカテーテル先端の挙動との関係を検討することで,コイル挿入力の発生パターンを分析した.そして,よりストレスなくコイルが挿入できる挿入方法と挿入速度の条件について考察した.【方法】Yコネクター内のワイヤーの「たわみ」を光学的センサーで計測することでコイル挿入力を測定する装置が開発されている.本装置を用いて,術者が挿入した場合,一定の挿入速度で機械的に挿入した場合について,コイル挿入力を測定した.同時に,顕微鏡で塞栓中のコイルやカテーテルの動きを観察した.【結果】術者による挿入の場合,手の往復運動による影響がみられ,停止から再び動き出す際に静止摩擦が作用していた.機械による挿入の場合,挿入速度によってコイル挿入力の発生パターンに違いがみられ,瘤壁とコイルの間の摩擦状態(静止摩擦状態か動摩擦状態か)が影響していた.【結論】挿入操作と挿入速度によってコイルと瘤壁との摩擦状態が決まり,挿入力の発生パターンに影響することが判明した.コイルと瘤壁の間の動摩擦状態を維持できるような挿入条件が設定できれば,ストレスなくコイルが挿入できると考えられた.

著者関連情報
© 2010 特定非営利活動法人 日本脳神経血管内治療学会

This article is licensed under a Creative Commons [Attribution-NonCommercial-NoDerivatives 4.0 International] license.
https://creativecommons.org/licenses/by-nc-nd/4.0/
前の記事 次の記事
feedback
Top