Journal of Neuroendovascular Therapy
Online ISSN : 2186-2494
Print ISSN : 1882-4072
ISSN-L : 1882-4072
原著
脳動脈瘤塞栓用コイルのデリバリーワイヤーについての研究
小山 淳一花岡 吉亀佐藤 篤
著者情報
ジャーナル オープンアクセス

2014 年 8 巻 1 号 p. 21-25

詳細
抄録

【目的】脳動脈瘤塞栓中のコイルやマイクロカテーテルの挙動は,それらの特性だけではなく,コイルのデリバリーワイヤーの特性も影響する.5 種類のコイル,Axium Helix(Axium),Deltaplush(Deltaplush),ED coil Extrasoft(ED),Galaxy Complex Xtrasoft(Galaxy),Target Ultra(Target)のデリバリーワイヤーの弾性と変形の特徴を研究した.【方法】コイルを電子秤上に固定し,離脱部から30 mm(20 mm)近位のデリバリーワイヤーを把持して,固定部と把持部の距離をそれぞれ15 mm(10 mm)になるまで屈曲させたときの反発力を測定した.また,デリバリーワイヤーを30 mm から屈曲させた時の形状を観察した.【結果】Axium,Deltaplush,ED,Galaxy,Target の反発力(×10−3N)は30 mm 群で平均3.822,4.41,2.548,3.136,4.018,20 mm 群で7.105,9.996,4.312,5.488,6.174 だった.また,屈曲時の変形はAxium,ED,Target の3 ブランドで滑らかな連続性の曲線を示し,Galaxy,Deltaplush は先端から約10 mm で非連続的な強い屈曲を示した.【結論】安全かつ有効な塞栓術を行うために,コイル選択する際にはデリバリーワイヤー先端の特性も理解しておくことが必要と考える.

著者関連情報
© 2014 特定非営利活動法人 日本脳神経血管内治療学会

This article is licensed under a Creative Commons [Attribution-NonCommercial-NoDerivatives 4.0 International] license.
https://creativecommons.org/licenses/by-nc-nd/4.0/
前の記事 次の記事
feedback
Top