自然言語処理
Online ISSN : 2185-8314
Print ISSN : 1340-7619
ISSN-L : 1340-7619
論文
機械翻訳システムの誤り分析のための誤り箇所選択手法
赤部 晃一Graham NeubigSakriani Sakti戸田 智基中村 哲
著者情報
ジャーナル フリー

2016 年 23 巻 1 号 p. 87-117

詳細
抄録

複雑化する機械翻訳システムを比較し,問題点を把握・改善するため,誤り分析が利用される.その手法として,様々なものが提案されているが,多くは単純にシステムの翻訳結果と正解訳の差異に着目して誤りを分類するものであり,人手による分析への活用を目的とするものではなかった.本研究では,人手による誤り分析を効率化する手法として,機械学習の枠組みを導入した誤り箇所選択手法を提案する.学習によって評価の低い訳出と高い訳出を分類するモデルを作成し,評価低下の手がかりを自動的に獲得することで,人手による誤り分析の効率化を図る.実験の結果,提案法を活用することで,人手による誤り分析の効率が向上した.

著者関連情報
© 2016 一般社団法人 言語処理学会
前の記事 次の記事
feedback
Top