原子力バックエンド研究
Online ISSN : 2186-7135
Print ISSN : 1884-7579
ISSN-L : 1343-4446
技術報告
ソーダライト乾式合成による有害物質の固定化制御の検討
三神 智英加藤 尚武上田 真三加藤 博康
著者情報
ジャーナル フリー

2001 年 7 巻 1 号 p. 91-94

詳細
抄録

  ゼオライトの一種であるソーダライトは,SiO4四面体とAlO4四面体とが頂点を共有してつくる三次元網目状の構造をしており,その空孔にアルカリ,アルカリ土類金属およびハロゲン元素が入ることになる.また,ソーダライトは1000℃以下の低温で合成することができる.これらの性質を利用して重金属類や放射性ヨウ素をソーダライトに固定化することを検討した.
  有害物質の固定化性能はソーダライトの焼成温度パターンに大きく影響される.本研究ではソーダライトの有害物質固定化性能と焼成温度パターンの関係を実験的に検討した.温度制御には線形動作のPID制御ではなく,非線型動作のスライディングモード制御を採用した.

著者関連情報
© 2001 一般社団法人日本原子力学会 バックエンド部会
前の記事
feedback
Top