J-STAGE トップ  >  資料トップ  > 書誌事項

情報管理
Vol. 54 (2011) No. 12 P 808-818

記事言語:

http://doi.org/10.1241/johokanri.54.808

特集:東日本大震災から1年を経て

東日本大震災で被災した博物館・美術館,図書館,文書館,公民館への支援活動を行うsaveMLAKの活動を,図書館に特化して紹介する。saveMLAKはWikipedia等で用いられている共同編集ソフトMediaWikiを用いた被災・救援情報のまとめサイトであり,情報の集約と共有による情報支援・間接支援・中間支援である。また,集約・共有した情報に基づき,宮城県図書館と共同して実施している被災地の図書館支援の事例を紹介する。これまでの活動の経緯と課題を示すとともに,saveMLAK以外の図書館支援活動に対する建設的な批判や提言をあわせて展開する。その上で来るべき大災害に対応するために,平常時から非常時への備えを行う恒久的な機関・機能を常設することを提案する。

Copyright © Japan Science and Technology Agency 2012

記事ツール

この記事を共有