J-STAGE トップ  >  資料トップ  > 書誌事項

情報管理
Vol. 60 (2017) No. 3 p. 182-191

記事言語:

http://doi.org/10.1241/johokanri.60.182

記事

ビッグデータ時代を迎え,今後,国全体としてのデータ活用力を向上させていくには,データサイエンティストに代表される高度データ利活用人材の育成だけでなく,地域社会を構成する個々の企業,自治体等におけるデータ分析力の底上げも併せて重要な課題となる。そのためには,従来のように企画統計部門等,専門の組織に属する職員に対してのみではなく,これからはあらゆる部門の職員に対しても一定かつ,基本的なデータ分析能力の習得が求められてくる。その「あらゆる部門の職員を対象とした基礎的データ分析能力習得」に関する九州テレコム振興センター(KIAI)としての研修事業の構築経緯,ならびにこれまでの取り組みとその結果等について紹介する。

Copyright © 2017 Japan Science and Technology Agency

記事ツール

この記事を共有