労働安全衛生研究
Online ISSN : 1883-678X
Print ISSN : 1882-6822
ISSN-L : 1882-6822
研究紹介
サーマルマネキンの潜熱抵抗測定精度向上及び防護服の顕熱抵抗測定に関する研究紹介
上野 哲
著者情報
ジャーナル フリー

2016 年 9 巻 1 号 p. 43-48

詳細
抄録

衣服を構成する生地の物理的性質だけでは,着衣の温熱特性を予測することは不可能であるため,温熱特性の計測には人と同じ形状をしたサーマルマネキンが使われる.現在,環境評価やモデル計算との関連等の広い分野でサーマルマネキンは応用されている.本研究紹介では,労働安全衛生総合研究所の清瀬地区にあるサーマルマネキンを使った2つの研究成果を紹介する.一つは,防火服の暑熱ストレス評価のためにサーマルマネキンを使って行った顕熱抵抗測定した研究である.歩行により顕熱抵抗は減少し,サイズ・材質によって減少の割合は異なった.次は,同サーマルマネキンを使って,スウェットスーツ上の水分蒸発部分における表面温度を正確に測定することで潜熱抵抗測定の高精度化を行い,測定技術を向上させた研究である.マネキンの埋め込み温度センサーで測定した表面温度を使用すると潜熱抵抗が過大評価されることがわかった.

著者関連情報
© 2016 独立行政法人労働安全衛生総合研究所
前の記事 次の記事
feedback
Top