不安症研究
Online ISSN : 2188-7586
Print ISSN : 2188-7578
原著
Post-Event Processing (PEP) と注意制御機能の関連—PEP時における想起視点機能尺度作成の試みとともに—
富田 望今井 正司山口 摩弥熊野 宏昭
著者情報
ジャーナル フリー

8 巻 (2016) 1 号 p. 12-21

詳細
PDFをダウンロード (396K) 発行機関連絡先
抄録

Post-event processing (PEP) とは社交状況の回顧を意味し,社交不安の維持要因とされる。近年,反芻や心配と注意制御機能の関連が報告されているが,同様の反復的思考であるPEPとの関連は明らかでない。また,PEP時の観察者視点を測定する指標も作成されていない。本研究では,PEP時における想起視点機能尺度の作成とともに,実験的な社交状況で生じるPEPと注意制御機能の関連性を明らかにした。大学生を対象に,注意制御に関する質問紙と認知課題,スピーチ課題を行った。翌日にPEPを測定し,PEPと注意制御との相関分析を行った。その結果,想起視点機能尺度の下位尺度を用いてPEPの観察者視点を測定できることが示唆された。また,PEPおよび回避的な観察者視点と選択的注意との間に有意な相関が示された。したがって,PEPを低減するためには特に選択的注意に着目することが有用であると考えられた。

著者関連情報
© 2016, Japanese Society of Anxiety Disorder
前の記事 次の記事

閲覧履歴
前身誌

不安障害研究

feedback
Top