人工臓器
Online ISSN : 1883-6097
Print ISSN : 0300-0818
ISSN-L : 0300-0818
機械弁の表面壊食に及ぼすコンプライアンスの影響に関する検討
李 桓成工藤 信樹下岡 聡行三田村 好矩山本 克之
著者情報
ジャーナル フリー

1999 年 28 巻 2 号 p. 436-441

詳細
抄録

1980年代に動物やヒトに埋植された人工弁に壊食ピットが発見されて以来, その原因としてキャビテーションが注目されている.我々は人工弁の加速耐久試験を行い, 弁付近の管壁のコンプライアンスが大きくなるとキャビテーションによる壊食ピット数やピットの直径が増加することを示してきた. 本研究では, 自然心に近い圧力条件で剛体ホルダーとコンプライアンス付加ホルダーを用いてディスクの閉鎖運動および弁近傍の圧力変化を計測した. 計測の結果, コンプライアンス付加ホルダーでは, 剛体ホルダーよりも弁近傍の負圧のピークは小さいが, その持続時間は長くなっていた. 剛体ホルダーでは閉鎖直前の速度が速くなり, 表面壊食も増加することがわかった. 閉鎖直前のディスクの速度は表面壊食に大きな影響を与えると考えられる.

著者関連情報
© 一般社団法人 日本人工臓器学会
前の記事 次の記事
feedback
Top