日本細菌学雑誌
Online ISSN : 1882-4110
Print ISSN : 0021-4930
総説
腸管出血性大腸菌が産生する志賀毒素の発現様式と菌体外への放出機構 ―志賀毒素転換ファージの構造と機能からの考察―
清水 健
著者情報
ジャーナル フリー

2010 年 65 巻 2 号 p. 297-308

詳細
抄録

腸管出血性大腸菌(EHEC)は病原因子として志賀毒素1(Stx1)と志賀毒素2(Stx2)を産生する。stx1遺伝子とstx2遺伝子は共にEHECに溶原化している志賀毒素転換ファージのゲノム上に存在しているが,stx1遺伝子はstx1遺伝子の上流近傍に存在するStx1プロモーターから,stx2遺伝子はStx2転換ファージの後期ファージプロモーターから転写される。これらのプロモーターの違いがStx1とStx2の発現条件の違い,発現様式の違い,産生された毒素の菌体内外への局在性の違いの主因である。特に,Stx2は自発的なStx2転換ファージのファージ誘導によって産生され,そしてこのファージの溶菌過程にともなって菌体外に放出される。さらにStx2の産生は外部環境からの刺激による宿主大腸菌のSOS応答によって誘発されるStx2転換ファージのファージ誘導によって増強される。また,EHECにはStx2転換ファージの溶菌過程にともなったStx2の菌体外放出機構の他に,もう一つの特異的なStx2の菌体外放出機構が存在する。

著者関連情報
© 2010 日本細菌学会
前の記事 次の記事
feedback
Top