土木学会論文集
Online ISSN : 1882-7187
Print ISSN : 0289-7806
ISSN-L : 0289-7806
和文論文
粒子破砕が粗粒材料のせん断挙動へ与える影響に関する個別要素法による検討
野並 賢加藤 正司榊原 辰雄前田 直孝
著者情報
ジャーナル フリー

2005 年 2005 巻 806 号 p. 806_113-806_127

詳細
抄録

粗粒材料のせん断時に生じる粒子破砕が変形・強度特性にどのような影響を与えているかを把握するため, 二次元個別要素法による検討を行った. 解析結果から, 供試体内部がほぼ均一に体積変化する場合, 粒子破砕は供試体内に均等に生じ, その結果, 粒子間力を小さくさせること, また, 粒子破砕が粒子構造骨格を変化させる支配的な要因ではなく, 構造骨格が変化するときに生じる副次的なものであることが確認された. さらに, 破砕性材料の限界状態線は, 破砕しない試料と破砕性の非常に高い試料との限界状態線の間に存在し, 限界状態線にはその材料の持つ破砕性が大きく影響していることが示された. この結果は, 粒子破砕のせん断挙動への影響が, 限界状態線の傾きの変化として表現できる可能性を示している.

著者関連情報
© 2005 公益社団法人 土木学会
前の記事 次の記事
feedback
Top