土木学会論文集
Online ISSN : 1882-7187
Print ISSN : 0289-7806
和文論文
広範な粒度と塑性を有する土の動的変形特性
山田 卓兵動 正幸中田 幸男吉本 憲正村田 秀一
著者情報
ジャーナル フリー

2005 年 2005 巻 806 号 p. 806_155-806_168

詳細
抄録

本研究は, 粘土に砂分を様々な割合で混合して作製した砂混じり粘土および塑性の異なる海成粘土を用いて中空ねじり繰返し単純せん断試験機により一連の繰返しねじりせん断試験を行ったものである. 粘性土における砂分含有率の影響を評価するために, 砂分を含めた試料の塑性指数を測定し, 新しいパラメータIP*を定義した. まず, 細粒分含有率や塑性指数, 有効拘束圧, 載荷周波数が動的変形特性に及ぼす影響について検討した. その結果, せん断剛性率と履歴減衰率は砂分の影響を大きく受け, いずれも従来の塑性指数ではなく, ここで定義した塑性指数IP*と良い相関性を示すことが明らかとなった. これらの結果に基づき, 様々な砂分含有率から成る塑性の異なる土に対して, 包括的な動的変形係数の推定式を提案した.

著者関連情報
© 2005 公益社団法人 土木学会
前の記事
feedback
Top