土木学会論文集A2(応用力学)
Online ISSN : 2185-4661
応用力学論文集Vol.19(特集)
地盤-煙突構造物相互作用系の耐震性に及ぼす入力地震波の影響
中井 健太郎野田 利弘
著者情報
ジャーナル フリー

2016 年 72 巻 2 号 p. I_409-I_418

詳細
抄録

本論文では,液状化危険度の高い地盤上に実在する煙突を対象に,二次元平面ひずみ条件下での地震応答解析を実施し,地盤-構造物相互作用系における耐震性評価を行った.その結果,地震波が構造物の固有周期帯を多く含んでいると,共振によって構造物の揺れが大きくなることに加えて,液状化によって剛性を失った地盤が煙突を支えることができず傾倒してしまうことを示した.つまり,地盤の上に建つ構造物の地震時挙動は,加速度の大きさのみで評価できるのではなく,構造物の固有周期と入射される地震動の卓越周期との関係性が極めて重要であることを意味する.また,地盤の不整形性および周辺構造物の影響評価を行ったところ,深部地層の傾斜や周辺構造物による引きずり込み沈下によって,上部構造物の地震時安定性が低下することを示した.

著者関連情報
© 2016 公益社団法人 土木学会
前の記事 次の記事
feedback
Top