土木学会論文集F4(建設マネジメント)
Online ISSN : 2185-6605
和文論文
階層ベイズ法による補修効果の事後評価
水谷 大二郎貝戸 清之小林 潔司
著者情報
ジャーナル フリー

2013 年 69 巻 3 号 p. 204-221

詳細
抄録

 社会基盤施設の老朽化が進展した場合には,施設の健全性を回復するために補修が実施される.すでに,社会基盤施設に関して膨大な補修実績が存在するものの,補修効果の定量的評価についてはほとんど研究成果が蓄積されていないのが実情である.本研究では,RC床版を対象として,目視点検データを用いた統計的劣化予測を行い,その予測結果に基づいて補修効果を事後的に評価する方法を提案する.具体的には,混合マルコフ劣化ハザードモデルとその階層ベイズ推計を援用し,床版個々に対して補修前後の劣化過程に介在する異質性を考慮した劣化予測を行う.さらに,補修前後の劣化速度に対する相対評価を通して,過去に実施された補修効果を事後評価する.最後に実際の点検データを用いて提案した手法の有効性を分析する.

著者関連情報
© 2013 公益社団法人 土木学会
前の記事
feedback
Top