土木学会論文集F4(建設マネジメント)
Online ISSN : 2185-6605
ISSN-L : 2185-6605
和文論文
標準型総合評価方式の入札価格と技術評価値の落札に及ぼす効果に関する計量的研究
森本 恵美荒井 弘毅
著者情報
ジャーナル フリー

2014 年 70 巻 3 号 p. 109-118

詳細
抄録

 国土交通省四国地方整備局一般土木工事等級A及び等級Bの入札データに関し,標準型総合評価方式の入札価格・落札価格と技術評価値の関係性の推定を行った.この結果,入札価格・落札価格を予定価格が強く有意に説明し,参加者数が増えると入札価格・落札価格が下落することが強く有意に示された.また,競争的な行動の変化の要素を考慮すると,入札価格に対しては標準型総合評価方式の係数により生じる効果は有意なものではなくなり,落札価格も季節調整を行うと有意でなくなった.すなわち,標準型総合評価方式の導入は競争局面の要素を除くと,価格引上げ又は引下げに影響があったとはいえない.また,落札の成否に対する効果を価格要因と技術要因に分解したロジット回帰モデルから入札価格の要因は技術要因の4倍程度の影響があった可能性がある.

著者関連情報
© 2014 公益社団法人 土木学会
前の記事 次の記事
feedback
Top