土木学会論文集F4(建設マネジメント)
Online ISSN : 2185-6605
ISSN-L : 2185-6605
和文報告
高速鉄道における輪重変動抑制を目的とした短波長軌道狂い管理手法の研究
大竹 敏雄三輪 昌弘青木 俊之千田 耕大五十嵐 稔
著者情報
ジャーナル フリー

2015 年 71 巻 2 号 p. 83-94

詳細
抄録

 高速鉄道における軌道狂い等に起因する輪重変動の抑制は,走行安全性確保のみならず,軌道保守量を低減するためにも重要である.本研究では,まず東海道新幹線でこれまでに実施されてきた著大輪重対策を振返り,現在の課題が輪重変動への影響が大きい短波長領域の軌道高低狂いの保守管理であることを示す.この波長域の検測精度は,最新の高速軌道検測車への偏心矢法の採用により改善された.次に,輪重変動と軌道狂いとの関係を実験的に分析し,軌道の長手方向に対する上下形状の曲率を用いて輪重を推定できることを明らかにする.そして,その妥当性を数値シミュレーションと試験走行データによって検証する.さらに,実務的には曲率と5m弦正矢値を組合わせて使用する方法を提案する.

著者関連情報
© 2015 公益社団法人 土木学会
前の記事 次の記事
feedback
Top