土木学会論文集D
Online ISSN : 1880-6058
和文論文
越境ヘイズ災害のための危険予告情報:レジーム変化と長期記憶性
小林 潔司Mohamed Nazari Bin JAAFAR尾形 誠一郎塚井 誠人
著者情報
ジャーナル フリー

2007 年 63 巻 4 号 p. 478-497

詳細
抄録

 インドネシアのスマトラ島の森林火災は,周辺各国における日常的サービスの中断,呼吸器系疾患の多発等の深刻なヘイズ(煙害)災害をもたらしている.マレーシア政府は,大気中の汚染物質量をリアルタイムに観測し,ヘイズ警報を発令するシステムを開発している.ヘイズ警報を発令(解除)するためには,衛星情報と地上観測データに基づいて,将来時刻における大気汚染物質の滞留量を迅速に予測するような統計的予測モデルが有用である.本研究では,レジーム変化(regime switching)と長期記憶性を考慮した統計的時空間モデルを定式化するとともに,ヘイズ災害に関する危機管理情報を作成するための方法論を提案する.さらに,マレーシア半島部を対象としたケーススタディにより,本研究で提案した方法論の有効性を実証的に検証する.

著者関連情報
© 2007 社団法人 土木学会
前の記事 次の記事
feedback
Top