土木学会論文集F
Online ISSN : 1880-6074
ISSN-L : 1880-6074
和文論文
営業車両の走行時の車両振動を用いた軌道モニタリングシステム(TIMS)の開発
石井 博典藤野 陽三水野 裕介貝戸 清之
著者情報
ジャーナル フリー

2008 年 64 巻 1 号 p. 44-61

詳細
抄録

 本研究では,主に合理的な維持管理を必要とする中小鉄道を対象として,高頻度な計測が可能な軌道モニタリングシステム(Train Intelligent Monitoring System:TIMS)の開発を行った.営業車両内に加速度計,GPSで構成される簡易な計測システムを設置し,走行中の車両振動から軌道の状態を常時監視するシステムを構築し,地方鉄道において継続的な実験を実施した.GPSセンサから得られる速度情報と,車両加速度を2回積分して得られる距離情報を補完しあうことにより,車両走行位置を検出する位置同定手法を開発した上で,車両の上下,左右方向の加速度の最大値,RMS値を管理することにより,軌道状態を高頻度で監視することが可能な軌道モニタリングシステム(TIMS)を構築した.

著者関連情報
© 2008 社団法人 土木学会
前の記事 次の記事
feedback
Top