土木学会論文集D2(土木史)
Online ISSN : 2185-6532
和文論文
近世以前の道路遺産(道標・町石・常夜灯)の本質的価値判断に関わる評価基準
馬場 俊介樋口 輝久山元 亮島田 裕介横井 康佑木田 将浩
著者情報
ジャーナル フリー

68 巻 (2012) 1 号 p. 107-122

詳細
PDFをダウンロード (2101K) 発行機関連絡先
抄録

 著者らが2007年から実施してきた「近世以前の日本の土木遺産の総合調査」では,データ蓄積と現地調査,ならびに,WEB公開を同時並行で進める中,残存遺構の価値を,(1)保存状態と(2)本質的価値に分け,後者については試行的に判断・公開してきた.保存状態の評価基準の作成に比べて本質的価値の評価基準の作成が遅れたのは,基準作成にあたって相当数のデータ蓄積が必要であり,かつ,文献上の確認も数多く必要となったからである.この度,調査開始5年目にしてようやく基準を作成できる水準に達したと判断したことから,遺構の中で最もデータ数の多い道路遺産(道標・町石・常夜灯)について,本質的価値の基本的概念を,その背景となったバックデータとともに示す.また,各評価対象項目の1位に相当するものを個別に紹介する.

著者関連情報
© 2012 公益社団法人 土木学会
前の記事 次の記事
feedback
Top