土木学会論文集D3(土木計画学)
Online ISSN : 2185-6540
土木計画学研究・論文集 第29巻(特集)
アイデンティティと過疎中山間地域におけるおつきあい行動-日南町を事例に-
鄭 蝦榮松島 格也小林 潔司
著者情報
ジャーナル フリー

2012 年 68 巻 5 号 p. I_499-I_511

詳細
抄録

居住地や出身地に対するアイデンティティである地域アイデンティティの存在は,人々に地域への誇りや愛着を持たせ,地域の人たちにとって共に生きがいのある生活空間を作り出すための様々な活動を促進する役割を果たす.本研究では過疎中山間地域におけるおつきあい行動を分析し,地域アイデンティティの形成との関係を明らかにする.文献レビューを通じてアイデンティティ概念を整理するとともに,人々が形成している人的ネットワークとの関係を明らかにする.さらに,共分散構造モデルにより地域アイデンティティとおつきあい行動との関係を明らかにするとともに,過疎地域振興のためのアイデンティティ向上に関する政策を提言する.

著者関連情報
© 2012 公益社団法人 土木学会
前の記事 次の記事
feedback
Top