土木学会論文集D3(土木計画学)
Online ISSN : 2185-6540
和文論文
口蹄疫の最適伝染リスク抑止モデル
阿部 真育小林 潔司
著者情報
ジャーナル フリー

2014 年 70 巻 3 号 p. 161-178

詳細
抄録

 本研究では口蹄疫の発生・伝染による資産価値の喪失を災害リスクとして位置づけ,家畜の殺処分による期待被害額を最小にするような口蹄疫の空間的伝染抑止戦略を分析するための方法論を提案する.その際,口蹄疫の発生・伝染過程を空間的マルコフ連鎖過程としてモデル化し,期待被害額を最小にするような最適予防的殺処分を求める最適伝染リスク抑止モデルを定式化する.最適伝染リスク抑止モデルは膨大な状態変数を含むため,状態変数のすべてを列挙することが不可能である.本研究では,準モンテカルロシミュレーションを用いて望ましい抑止戦略を求める近似解法を提案する.さらに,2010年の宮崎県における口蹄疫発生・伝染事例を対象として,本研究で提案した方法論の有効性について検証する.

著者関連情報
© 2014 公益社団法人 土木学会
前の記事 次の記事
feedback
Top