土木学会論文集D3(土木計画学)
Online ISSN : 2185-6540
土木計画学研究・論文集 第33巻(特集)
DCGEモデルによる社会資本投資政策の世代別帰着便益分析
瀬木 俊輔小林 潔司
著者情報
ジャーナル フリー

2016 年 72 巻 5 号 p. I_353-I_371

詳細
抄録

本研究は,マクロな社会資本投資政策の便益の世代別帰着分布を評価可能な動学的応用一般均衡(DCGE)モデルを構築した.その上で,構築したモデルを我が国に適用し,社会資本投資政策と長寿命化政策について分析を行い以下のような知見を得た.社会資本投資には,その水準を増やすと将来世代の厚生が増加する一方で現在世代の厚生が減少するという世代間厚生のトレードオフの問題が生じる.起債による世代間所得移転はこの問題を効率的に緩和できるが,これは公債残高を一時的に増加させる.長寿命化政策は,現在世代を含む幅広い世代に対して便益をもたらし,損失を受ける世代への補償は現在世代の中だけで行うことが可能である.

著者関連情報
© 2016 公益社団法人 土木学会
前の記事 次の記事
feedback
Top