土木学会論文集
Online ISSN : 2436-6021
特集号(応用力学)論文
緩衝ゴムを設置し補強量を変化させた AFRP シート接着曲げ補強 RC 梁の漸増繰り返し衝撃荷重載荷実験
瓦井 智貴小室 雅人岸 徳光鈴木 健太郎三上 浩
著者情報
ジャーナル 認証あり

2023 年 79 巻 15 号 論文ID: 22-15042

詳細
抄録

本研究では,アラミド繊維製連続 (AFRP) シートを用いて下面接着曲げ補強を施した RC 梁を対象に,その動的応答特性や AFRP シートの破壊性状に関する基礎資料の収集を目的とした重錘落下衝撃荷重載荷実験を実施した.ここでは,緩衝ゴムを設置する場合や AFRP シートの補強量を変化させた場合に関する計 4 体の RC 梁を対象に実験を実施した.また,梁の損傷劣化が進行していく状況を段階的に計測するために,漸増繰り返し載荷により衝撃荷重を作用させることとした.その結果,1) シート補強量にかかわらず緩衝ゴムを設置することで設置していない場合と比較して最大衝撃力を 1/4 程度まで抑制可能であるものの,2) 緩衝ゴム設置の有無にかかわらずシート補強量が小さい場合にはシート破断によって,大きい場合にはシート剥離によって終局に至ること,などが明らかとなった.

著者関連情報
© © 2023 土木学会
前の記事 次の記事
feedback
Top