土木学会論文集B3(海洋開発)
Online ISSN : 2185-4688
海洋開発論文集 Vol.27
港湾内の土砂堆積傾向に及ぼす浚渫範囲の影響に関する3次元数値解析
中村 友昭石原 遼水谷 法美尾上 幸一郎藤永 聖一山田 耕三石川 正紀
著者情報
ジャーナル フリー

2011 年 67 巻 2 号 p. I_1147-I_1152

詳細
抄録

 本研究では,土砂の堆積により必要な水深の確保が困難になっている現地の岸壁を対象に,3次元流体・地形変化連成数値計算モデルを用いて浚渫範囲の違いによる流動場と地形変化の特性を明らかにするとともに,それに基づいた効果的な浚渫範囲の検討を行った.その結果,浚渫範囲の土砂堆積傾向は浚渫の広さやその周辺の勾配により異なり,流れが上流側から直接流入しない程度に浚渫範囲を上流側に広げた場合に,より長期に渡って必要な水深を確保でき,最も効果的であることを明らかにした.また,浚渫範囲の土砂堆積傾向は地形の影響を大きく受けることから,流動場が地形変化に与える影響だけではなく地形変化が流動場に与える影響も考慮することの重要性を確認し,効果的な浚渫範囲を検討するツールとしての本数値計算モデルの有用性を明らかにした.

著者関連情報
© 2011 公益社団法人 土木学会
前の記事 次の記事
feedback
Top