土木学会論文集B3(海洋開発)
Online ISSN : 2185-4688
海洋開発論文集 Vol.29
津波の越流による混成堤ケーソン岸側での水圧の低下機構に関する研究
中村 友昭安藤 康平水谷 法美小竹 康夫
著者情報
ジャーナル フリー

2013 年 69 巻 2 号 p. I_389-I_394

詳細
抄録

 津波の越流によるケーソン岸側での水圧の低下機構を数値計算により考究するとともに,現地の規模を想定した数値計算も行うことでその機構の現地スケールでの妥当性を検証した.その結果,ケーソンの岸側面に作用する水圧は,ケーソン上の越流が生じるまでは水圧と同位置の水位変動で評価できるものの,越流が生じてからは水位変動では大幅に過大評価することを示した.そして,この差はケーソン上を越流した流れの剥離に伴う渦の発生とその規模で説明できることを明らかにした.また,水圧が一時的に低下する現象は流速の増加により生じることが判明した.以上の現象は,現地スケールの検討でも確認した.さらに,ケーソンの沖側と岸側での水位が与えられれば,近似式によりケーソンの岸側面に作用する波力の低減率が簡易的に推定できることを示した.

著者関連情報
© 2013 公益社団法人 土木学会
前の記事 次の記事
feedback
Top