土木学会論文集B3(海洋開発)
Online ISSN : 2185-4688
海洋開発論文集 Vol.30
橋桁に作用する津波による波圧および波力の特性に関する実験的研究
中村 友昭澤 祐太朗水谷 法美
著者情報
ジャーナル フリー

2014 年 70 巻 2 号 p. I_420-I_425

詳細
抄録

 津波による桁の流出被害の適切な評価に向けて,β値に含まれる水平波力の評価やβ値では考慮されていない鉛直波力の取り扱いについて検討するために,砕波を伴わない津波を桁に作用させる水理実験を実施した.水理実験の結果より,津波高が比較的小さいときには,長方形板の抗力係数と水位変動の影響を考慮した投影面積に基づく抗力により水平波力を評価できることを明らかにした.また,津波作用時に桁の下面の圧力が低下する現象が確認できたことから,この圧力の低下による力を揚力が下向きに作用するとしたダウンフォースとしてモデル化した.その結果,鉛直波力が増加し始めてからピークに達し,負に転じるまでは,桁を設置していない状態での水位変動から求めた浮力にダウンフォースの影響を考慮することで鉛直波力を概ね評価できることを示した.

著者関連情報
© 2014 公益社団法人 土木学会
前の記事 次の記事
feedback
Top