土木学会論文集B3(海洋開発)
Online ISSN : 2185-4688
海洋開発論文集 Vol.30
矢板式岸壁の腐食孔からの土砂吸い出し現象に関する数値解析
中村 友昭福田 俊水谷 法美
著者情報
ジャーナル フリー

2014 年 70 巻 2 号 p. I_528-I_533

詳細
抄録

 鋼矢板岸壁に局部腐食が発生した状況を想定し,腐食孔からの埋め立て土砂の吸い出しを数値解析により検討した.その結果,腐食孔近傍の地盤が膨張状態にあるときに地盤表面の接線方向流速の大きさが最大となる位相があることが判明した.そのため,その位相にて埋め立て土砂の吸い出しが生じ始める可能性が高いと考え,接線方向流速の大きさの最大値とそのときの地盤の体積ひずみに着目した.そして,(1)腐食孔が静水面と同じ高さにあるとき,(2)腐食孔が没水状態にある場合は,腐食孔の位置が静水面に近づくか,作用波の波高が高くなるか,周期が長くなるほど,(3)腐食孔が没水状態にあるかに関わらず腐食孔が大きくなるほど,流速の大きさの最大値が増加し体積ひずみが減少するために,埋め立て土砂の吸い出しが発生する可能性が高いことを明らかにした.

著者関連情報
© 2014 公益社団法人 土木学会
前の記事 次の記事
feedback
Top