土木学会論文集B3(海洋開発)
Online ISSN : 2185-4688
ISSN-L : 2185-4688
海洋開発論文集 Vol.32
阿寒湖チュウルイ湾におけるマリモに回転運動を与える風波の将来予測に向けて
佐野 史弥中山 恵介山田 俊郎佐藤 之信丸谷 靖幸駒井 克昭尾山 洋一若菜 勇
著者情報
ジャーナル フリー

2016 年 72 巻 2 号 p. I_988-I_993

詳細
抄録

 阿寒湖チュウルイ湾に生息するマリモは,回転運動しながら光合成することによって,球状の集合体を形成している.成長した球状のマリモは世界でも阿寒湖でしか確認することができないことから,わが国では特別天然記念物に指定されている.マリモを回転させる外力として,風波が関係しており,阿寒湖上に適度な南風が発生すると,マリモが回転し始めることが分かっている.しかし,地球規模での環境変動の影響により,将来の風のパターンが変化し,マリモの回転運動に影響を及ぼす可能性がある.そこで本研究では,波高計と風向・風速計を設置し,風波と風の特性の把握を行った.その後,全球気候モデルを用いて将来の風のパターンを予測した.その結果,マリモの球状化に影響がある強い南風の発生頻度が将来気候において増加することが確認できた.

著者関連情報
© 2016 公益社団法人 土木学会
前の記事 次の記事
feedback
Top