土木学会論文集B3(海洋開発)
Online ISSN : 2185-4688
ISSN-L : 2185-4688
海洋開発論文集 Vol.33
四ツ郷屋浜海岸におけるサンドパックを用いた突堤工の試験施工とその効果
土橋 和敬佐藤 慎司村瀬 博俊古屋 友次郎菅 友里小林 昭規小林 喬
著者情報
ジャーナル フリー

2017 年 73 巻 2 号 p. I_690-I_695

詳細
抄録

 新潟県四ツ郷屋浜海岸において,サンドパック工法で施工された突堤工の施工方法とその効果を検討した.サンドパック工法は,高強度ポリエステル製織布に人工芝を一体化させた基布を用いた袋材に,現地砂や養浜砂を充填した砂袋詰め工法である.漂砂による表面の摩耗に配慮した起毛布を採用するとともに,基礎砂面の洗掘対策に帆布とアンカーチューブを用いることにより,波浪に曝される汀線付近において,安定性の高い構造とすることができた.突堤工周辺の海岸状況は,監視カメラにより連続観測され,施工後1年5か月における突堤工の効果検証を行った.

著者関連情報
© 2017 公益社団法人 土木学会
前の記事 次の記事
feedback
Top