土木学会論文集E1(舗装工学)
Online ISSN : 2185-6559
和文論文
TA法と舗装劣化寿命誤差
佐藤 正和貝戸 清之小林 潔司小濱 健吾宮崎 文平
著者情報
ジャーナル フリー

2015 年 71 巻 1 号 p. 1-18

詳細
抄録

 現行のアスファルト舗装設計手法(以下,TA法)では,舗装各層の厚さは路床の設計CBRと総通過10トン換算軸数から定めたTA値(等値換算厚)に基づいて決定されている.しかしながら,表層の高機能舗装化に伴い,設計手法や設計基準が作成された当時と比較して,アスファルト舗装の劣化環境は大きく異なっており,実務においてTA法に基づく設計の妥当性が疑問視されてきている.本研究ではTA法を採用した場合に生じる劣化寿命誤差について分析する.具体的には,高速道路を対象としたFWD調査データを用いて混合マルコフ劣化ハザードモデルを推定する.ハザード率と異質性パラメータの推定値を用いて劣化速度が特異な道路区間を抽出し,それらの道路区間とTA法において考慮されなかった要因との関係について分析する.

著者関連情報
© 2015 公益社団法人 土木学会
次の記事
feedback
Top