土木学会論文集E1(舗装工学)
Online ISSN : 2185-6559
ISSN-L : 2185-6559
舗装工学論文集第22巻
将来予測精度を考慮した舗装劣化予測モデルの精度評価手法の提案と検証
奥田 知之鈴木 康豊神武 直彦
著者情報
ジャーナル フリー

2017 年 73 巻 3 号 p. I_229-I_236

詳細
抄録

 効率的な舗装維持管理を実現する為に,舗装劣化予測により将来の状態変化を予測し,点検,補修,更新等の維持管理コストを最適化する事が必要である.様々な舗装劣化予測モデルが提案されているが,それぞれのモデルがどの様な状況下で最適なのかを判断する事は容易ではない.
 そこで,本研究は時刻情報を持つ点検履歴データに対する,より実運用に近い予測モデルの予測精度を求める事が可能なタイムスライスクロスバリデーションを提案する.提案手法は,時刻方向に点検データを分割し,学習データからモデルのパラメータ推定を行い,そのパラメータを用いて試験データの予測を行った結果から,現実的な予測精度評価を行う.提案手法をRNNモデルによる舗装劣化予測に適用し,従来手法より現実的な将来の予測精度を評価可能であることを検証した.

著者関連情報
© 2017 公益社団法人 土木学会
前の記事
feedback
Top