土木学会論文集F5(土木技術者実践)
Online ISSN : 2185-6613
和文論文
東日本大震災「くしの歯作戦」についての物語描写研究~啓開・復興における地元建設業者の役割~
夏山 英樹神田 佑亮藤井 聡
著者情報
ジャーナル フリー

2013 年 69 巻 1 号 p. 14-26

詳細
抄録

 現在日本では,地域主権改革の名の下,地方出先機関原則廃止の流れが存在している.また,民主党が掲げる「コンクリートから人へ」のスローガンにより,公共事業は縮小傾向にあり,それに伴い地方建設業もまた縮小傾向にある.しかし,先に起きた東日本大震災で復旧活動を主導したのは,今まさに廃止が論じられている地方整備局であり,その活動の先頭にいたのは地元建設業者である.本研究では,関係資料や関係者の証言に基づき,特に地方建設業に着目し,発災直後の対応として行った「くしの歯」作戦や関連する道路啓開・復旧作業の全容を改めて物語描写し,その物語描写に基づき,地方整備局を中心とした地方建設業界の防災対応力に関する基礎的な知見,ならびに,今後の防災対応を踏まえた行政制度設計に資する基礎的な知見を得ることを目的とする.

著者関連情報
© 2013 公益社団法人 土木学会
前の記事
feedback
Top