土木学会論文集F6(安全問題)
Online ISSN : 2185-6621
ISSN-L : 2185-6621
特集号(和文論文)
石狩川流域を対象とした洪水ハザードマップの現状・課題と改善策についての研究
大林 あずさ加賀屋 誠一鈴木 英一川村 里実
著者情報
ジャーナル フリー

2012 年 68 巻 2 号 p. I_12-I_17

詳細
抄録

 近年水害の頻発により,洪水ハザードマップの重要性が高まっている.ハザードマップの作成は各市町村の防災担当者に任されており,作成要領は必ずしも明確となっていない.石狩川流域における各市町村のハザードマップを収集・検討したところ,整備状況に差があり,防災に対する地域格差などが課題として挙げられ,各市町村からも洪水ハザードマップの実用性を疑問視する声が寄せられた.そこで本研究では,各市町村の防災担当者にアンケートを行い,担当者の立場から洪水ハザードマップの課題を明らかにした.また地形によって洪水特性が異なり,各特性に応じた対策が必要であるという観点から,対象地域の洪水特性を地形ごとに分類した.これらの結果を合わせて,実用的な洪水ハザードマップのあり方・水害対策について検討した.

著者関連情報
© 2012 公益社団法人 土木学会
前の記事 次の記事
feedback
Top